葉酸の摂取期間についてお話しし

葉酸の摂取期間についてお話しします。みなさんご存知のように、ようさんの摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須です。

では、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。

実際にはそのような事はありません。

お腹の中のあかちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を低減してくれるという話では、にんしん3ヶ月までの期間が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を作る作用があります。これは不妊体質の改善にも効果があり、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠確率が上がるというわけです。それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊治療に役立つのです。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食生活以外に、よりあまたの葉酸を摂るよう正式に厚生労働省が推奨しています。ようさんを十分に摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

サプリメントでようさんを摂取される方も少なくないでしょうけど、その場合、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方がいいと思います。

ですから無添加のようさんサプリメントを見極めることも大切なポイントだと言えますね。妊活なんて聴くと、女性が行うものだと考える方も居ますよね。

ですが、実は、男性にもぜひおすすめしたい妊活があります。

それが、ようさんを積極的に摂るという習慣です。不妊などの原因は女性にあるとは限らず、男性に原因がある事もあります。

特に注意すべきは精子の染色体異常です。

受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を作るというはたらきがあります。

そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、ようさんの摂取を推奨する勧告が出されています。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

細胞分裂は、一般的ににんしんに気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけて下さい。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、それが功を奏したのか、ほどなくして二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、おすすめしたい運動の一つです。

ヨガによって血行が良くなると、自律神経が整い、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

インターネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。こうした動画を活用すれば、思い立った時にはすぐにはじめることが出来ますよね。軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことにつながります。こうした運動は心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だといえるのです。妊活の時に、産み分けについてまま友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

長男が生まれていましたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたというワケです。

その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで期待と不安で緊張して生活いました。結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。

主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。食べ物から摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。

しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから熱を加えてしまいますと大切な葉酸が失われてしまうこともあるんです。一日の理想的なようさんの摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によってはようさんが不十分かもしれませんので、気を付けて下さい。いまの不妊状態から脱出するのに、普段の食生活の見直しも大切だと思います。卵子はもちろん精子だって、親の体内で作られるのですから、不健全な食習慣の下では卵子や精子の活発さは、あまり期待できないでしょう。

妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、栄養バランスの良い食生活を大切にしていくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA